ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > お知らせ > 11/08/05


ひょうご労働安全衛生センターからのお知らせ

ひょうご労働安全衛生センターからのお知らせ
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2011-08-05 マスク支援プロジェクトからの提案 in 仙台
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 

 東日本大震災から4カ月が過ぎ、被災地では復旧・復興のため建物の解体工事やガレキの撤去作業が進んでいます。 しかし、アスベスト対策をしなければ、建物やガレキに含まれるアスベストが飛散し、 作業者やボランティア、住民、子どもたちが吸い込んでしまいます。 アスベストは発がん物質です。アスベストを吸うと30年〜40年の潜伏期間を経て、 中皮腫や肺がんなどを発症する可能性があります。

 

8月5日(金)〜7日(日)、 「だいじょうぶ?被災地のアスベスト」をテーマにイベントを開催します。 期間中には震災とアスベストのパネル・写真展、防じんマスクの展示やシンポジウムを開き、 被災地でのアスベスト対策について考えます。参加は無料。ぜひ、ご参加ください。


   ※詳細はこちらを御覧ください

 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
お知らせ一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報