ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > お知らせ > 12/01/28.29


ひょうご労働安全衛生センターからのお知らせ

ひょうご労働安全衛生センターからのお知らせ
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2012-01-28.29 九州・アスベスト健康被害ホットライン
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 

 アスベストを原因として発症する悪性中皮腫は、大変予後の悪い疾病です。 中皮腫による死亡者数は、毎年全国で1,000名を超える状況になっており、 アスベスト被害はこれからさらに拡大が予想されています。
 九州の各県においても中皮腫の死亡者数は増加傾向にあり、九州全域では年間約150名の方が亡くなっておられます。 ところが、中皮腫を発症し労働災害として補償(時効救済を含む)を受けた方の人数は、 クボタ・ショック(2005年)後の2006年度の147名をピークに、その後は減少傾向にあり2010年度は55名という状況です。 また、中皮腫の2倍と言われる石綿肺がんについては、中皮腫を発症した方よりも大幅に少ない補償状況となっています。
 こうしたことからも、アスベストによる健康被害を受けながら、 救済されていない方々が数多く埋もれていることが推認できます。 私たちは、九州の各地域における被害者の掘り起こしと救済に取り組むため、 そしてアスベスト被害同士の交流を行うため、下記の日程でアスベスト健康被害相談ホットラインを開設し、 合わせて「患者と家族の集いの集い」を企画しました。どんなことでも構いませんのでご相談ください。そして、集いにご参加ください。

 

◇九州アスベスト健康被害相談ホットライン

 開設日時: 2012年01月28日(土)〜29日(日)
 両日とも10時00分〜16時00分
 開設場所: 福岡市博多区博多駅東1-16-25 ASC(アスク)ビル
 内  容: アスベストによる健康被害に関する電話相談
 *希望される方については、会場での面談も行います。
 どんな事でもお気軽にご相談下さい。
 相談は無料。予約は不要。
 電話番号:     070−5401−6994
           070−5401−6007
           070−5401−1172

 *上記の電話番号(3回線とも)は、二日間以外でも常時相談に対応します。

  相談スタッフ: アスベスト問題に取り組む下記の団体の専門相談スタッフ
  アスベストセンター/中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会/
  全国労働安全衛生センター連絡会議



◇アスベスト患者と家族の集い

 日 時: 2012年01月29日(日) 13時30分〜15時30分
 会 場: 福岡市博多区博多駅東1-16-25 ASC(アスク)ビル  4F B室
 内 容: 患者と家族同士の意見交換、情報交換、交流

*この「集い」はオープン企画ですので、アスベストを原因とする疾病の患者さんやご家族の方でしたら、どなたでも参加自由です。
参加費も必要ありません。

 問合せ先 070-5401-6994

 



 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
お知らせ一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報