ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > お知らせ > 13/01/12


ひょうご労働安全衛生センターからのお知らせ

ひょうご労働安全衛生センターからのお知らせ
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2013-01-12 二元中継シンポジウム「震災とアスベスト−1.17から3.11へ」第1報
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 

 阪神・淡路大震災の発生からまもなく18年を迎えます。数多くの困難を乗り越え、 「復興」したかのように見えるこの街で、肺の奥に突き刺さったアスベスト(石綿)が牙をむき始めています。 ここへきて、当時、復旧作業に携わった人が相次いで石綿に起因するがん、中皮腫を発症しているのです。
 膨大な建物の倒壊、取り壊し、撤去、運搬といった作業で膨大な粉じんが飛散しました。 当時、全国から駆けつけた労働者たちは、復旧・復興のためにひたすら解体作業に打ち込み、 すぐそばではごく当たり前の日常生活が営まれていました。
 この様子は、東日本大震災の被災地の姿と重なります。 瓦礫の積みあがった被災地で対策がきちんと取られているのでしょうか。 阪神・淡路の教訓は生かされているのでしょうか。 原発事故に伴う放射能汚染に目を奪われるあまり、がれきに含まれる粉じんに、 命を脅かす石綿が潜んでいることを忘れてはならないのです。津波、原発、そして今、 恐るべき石綿禍が身近にある。「復興災害」ともいえる神戸の現実を、将来の東北で起きる予言にしてはなりません。

 そんな願いを込めて、二つの被災地をつなぐシンポジウムを企画しました。 神戸と宮城県石巻市の2会場で同時刻に開催し、インターネット中継し、震災石綿禍の課題を話し合います。



   日 時:2013年1月12日(土) 13時〜16時
   会 場:神戸会場―神戸市勤労会館 大ホール
       石巻会場―石巻市労働会館
   主 催:NPOひょうご労働安全衛生センター
       立命館アスベスト研究プロジェクト
   企 画:@阪神淡路大震災におけるアスベスト飛散実態の検証
        基調報告 (立命館大学 南慎二郎氏)
        復旧作業における労働実態 − パネルディスカッション
        基調講演  (国立環境研究所 寺園 淳氏)
       A1.17の教訓から3.11被災地へ
        阪神淡路の教訓から東日本大震災の課題
        神戸会場と石巻会場の二元中継
       Bマスクプロジェクトからの提案
        神戸大学生からの提案




 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
お知らせ一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報