ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > お知らせ > 18/04/29


ひょうご労働安全衛生センターからのお知らせ

ひょうご労働安全衛生センターからのお知らせ
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2018-04-29 震災アスベスト健康被害ホットライン
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 
 阪神淡路大震災から23年が経過しました。当時、倒壊建物の解体・撤去作業が急ピッチで進められ、被災地は凄まじい粉じんに覆われました。震災時の記憶が薄れていく中で、解体・撤去作業に従事した労働者が中皮腫を発症し、労災認定される事例が次々と明らかになっています。

 4月27日の朝刊で、震災直後の約1ヶ月間、被災地において巡回や救護に当たった警察官が、アスベスト特有のガン・中皮腫を発症し公務災害として認定されたことが報じられました。
 毎年、地方公務員災害補償基金は公務災害の発生状況を公表していますが、警察官として職務に従事された方が中皮腫を発症し公務災害として認められた事例については、これまで公表されていません。

 私たちの調査では、震災後に倒壊した建物の解体作業等に従事した4人の方が中皮腫を発症し労働災害と認定されています。また、明石市職員が震災ガレキ等の収取作業に従事し、中皮腫を発症し死亡した事例については、遺族が公務災害の認定を求め神戸地裁に提訴し争われています。

 阪神大震災からの復旧にあたっては、ずさんな解体作業が行われたことは事実であり、直接解体作業等に携らなくとも、多くの住民・市民がアスベスト粉じん曝露していることは間違いありません。被災地の住民や、被災地で働き復旧・復興に携った労働者やボランティアの健康不安はますます募ります。
 そこで緊急ですが、下記の日程で「震災アスベスト健康被害ホットライン」を開設します。どんなことでも構いませんので、一度お電話ください。



  日 時: 4月29日(日)
       受付時間は、午前10時より午後6時まで

  受 付: 078―382―2118
(※相談は無料・秘密厳守)




 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
お知らせ一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報