ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > お知らせ > 18/09/8.9


ひょうご労働安全衛生センターからのお知らせ

ひょうご労働安全衛生センターからのお知らせ
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2018-09-08.09 職場のいじめパワハラほっとライン
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 
 全国の都道府県労働局に設けられている相談コーナーに寄せられる労働相談は年々増加傾向にあり、そのうち「いじめ・嫌がらせ」に関する相談は、平成20年以降、20万件を超え、近年では相談件数の約3割を占める状態が続いています。

 職場での「いじめ・パワハラ」が原因で精神疾患を発症した場合、被災者は労働災害として補償を受けることができます。厚生労働省が公表した、2017(平成29)年度の精神障害による労災補償状況によると、精神障害を発症したとして、2017(平成29)年度に請求された件数は1,732件(うち自殺案件は221件)で、過去最高であった前年度の1,586件(うち自殺案件は198件)よりも更に146件(うち自殺案件は23件)増えています。

 精神障害を発症する原因となる出来事については、@「上司とのトラブルがあった」が320件(うち自殺案件は20件)、A「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」が186件(うち自殺案件は88件)、B「仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった」が185件(うち自殺案件は64件)の順となっている。

 当センターに寄せられる相談のうち、職場のいじめパワハラに関する相談は増加傾向で、自殺につながる相談も増えてきています。今回、職場でのいじめ・パワハラに悩んでおられる方々の相談を受けるホットラインの開設を企画しました。
 専門の相談員が対応します。相談は無料、秘密厳守。相談内容や要望に応じて、医師や弁護士などの専門家の紹介も行います。


『働き過ぎていませんか? ガマンし過ぎていませんか?』
職場のいじめパワハラほっとライン

  主  催: ひょうごユニオン / NPO法人ひょうご労働安全衛生センター
  協  力: NPO法人ひょうご働く人の相談室
  受付期間: 2018年9月8日(土) 〜 9日(日)
  受付時間: 10時00分 〜 18時00分まで
  受付電話: 078−382−2118(4回線で対応)

  詳細はこちらをご覧ください。(チラシデータ)



 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
お知らせ一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報