ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙入会案内活動案内お問合せリンク
ホーム > 機関紙 > 2014年度


機関紙・出版物(アスベスト・メンタルヘルス等)


ひょうご労働安全衛生センターの機関紙『労働安全衛生』

機関紙・労働安全衛生

 ひょうご安全センターは、労働災害・職業病の撲滅、労働安全対策の充実、被災・り災労働者に対する充分な補償の実現を図るため、活動の一環として機関紙『労働安全衛生』を発刊しております。
 労働安全・衛生、労災、行政活動に関することなど、他では得られない情報を数多く掲載しております。


バックナンバーのご案内

第150号(2015年4月号)

・明石市職員の中皮腫発症にかかる取り組み
・アスベスト患者と家族の会 山陰支部設立へ
・書籍紹介「アスベストリスク 阪神大震災から20年」
・続・近代の兵庫と労働安全衛生L

 

第149号(2015年3月号)

・石綿小体1845本 不支給処分取消訴訟 一転認定へ
・ストレスチェック法をどう捉えるか
・労働時間法制の規制緩和は 健康悪化を増長
・続・近代の兵庫と労働安全衛生K

 

第148号(2015年1・2月合併号)

・震災とアスベストリスクをテーマにシンポ
・広島県呉市でアスベスト相談会を開催
・書評「惨事ストレスと救援者の心のケア」
・続・近代の兵庫と労働安全衛生J
・石綿肺がん 丸本裁判へ注目を

 

第147号(2014年12月号)

・倉庫内での運搬作業でアスベスト曝露
・過労死防止法とその活用に向けて
・希望と誇り 映画「もうひとつの約束」
・石綿肺がん 不支給処分取り消し訴訟
・続・近代の兵庫と労働安全衛生I

 

第146号(2014年11月号)

・郵便局員が中皮腫発症 公務上災害と認定
・腸管嚢腫様気腫症 全国2例目の労災認定
・全国センター第25回総会を開催・鳥取
・続・近代の兵庫と労働安全衛生H

 

第145号(2014年10月号)

・国の責任を認定 泉南アスベスト国賠訴訟
・タールとアスベストの複合ばく露で肺がん発症
・アスベストセンターと家族の会が10周年
・盛岡でマスクプロジェクトを展開
・続・近代の兵庫と労働安全衛生G

 

 

 

 



第144号(2014年9月号)

・中皮腫不支給案件 審査請求で逆転認定 大阪
・自治労兵庫県本部 職場の安全点検を実施
・安全衛生法が一部改正 ストレスチェックが義務化に
・続・近代の兵庫と労働安全衛生F

 

第143号(2014年8月号)

・過労死等防止対策推進法が成立
・過労死・精神疾患の労災認定状況
・震災アスベスト市民アンケート調査開始
・続・近代の兵庫と労働安全衛生E
・復興期の心のケアB

 

第142号(2014年7月号)

・第9回通常総会の報告
・石綿ばく露16カ月の肺がん 労災認定
・続・近代の兵庫と労働安全衛生D
・復興期の心のケアA

 

第141号(2014年6月号)

・石綿肺がん 神戸地裁が労災と認定
・自治労 職場安全点検を実施
・書評 マンガで読む「震災とアスベスト」
・続・近代の兵庫と労働安全衛生C
・復興期の心のケア@

 

第140号(2014年5月号)

・第9回通常総会議案書

 

 




2007年度のバックナンバーはこちら
2008年度のバックナンバーはこちら

2009年度のバックナンバーはこちら

2010年度のバックナンバーはこちら

2011年度のバックナンバーはこちら

2012年度のバックナンバーはこちら

2013年度のバックナンバーはこちら

2014年度のバックナンバーはこちら

2015年度のバックナンバーはこちら

2016年度のバックナンバーはこちら




ひょうご労働安全衛生センターへの入会と機関紙購読のお願い


ひょうご労働安全衛生センターの出版物・図書

パワーハラスメントと安全衛生S

価格:500円
発刊:2009年7月15日
・パワーハラシメントと安全衛生〜それってパワハラ〜

〜掲載情報〜

講演 職場のパワーハラスメント
「いじめの度合い」を表で測るとは −パワハラ裁判に思う−
パワーハラスメント判例
パワーハラスメント事例
資料―上司の「いじめ」による精神障害の業務上の認定について
資料―職場の心理的負荷評価表の見直し等に関する検討会への申入れ
資料―心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針の一部改正
資料―兵庫県「パワー・ハラスメントの防止に向けた取組みについて」


 社会全体の課題となっている「いじめ・パワハラ」ですが、明確な定義づけも、禁止する明確な規定もありません。パンフでは、いじめが起こる背景や労働者を取り巻く職場の諸条件や組織的な環境などを全体的にとらえ、取り組む必要があることを指摘しています。
 いじめ・パワハラに関する理解を深め、いじめ・パワハラを許さない職場作り、悲惨な被害を未然に防ぐための契機となれば幸いです。





震災とアスベスト・石綿被害で

価格:300円
発刊:2009年1月17日
・震災とアスベスト

〜掲載情報〜
大震災とアスベスト汚染
1.阪神・淡路大震災の教訓を活かそう
2.都会建物解体時のアスベスト飛散の実態
 (1)そのとき、行政はどのように対応したか?
 (2)被災地のアスベスト汚染の実態
  @把握できなかった「吹付けアスベストのあった倒壊建物」の数
  A今も確立していないアスベスト建物の調査法
  B環境省の大気中アスベスト濃度測定結果は正確なのか?
  Cアスベスト飛散の実態を正確に測定したデータ

3.今後の大震災に備えて
政府・自治体に実効あるアスベスト対策を実施させよう

 阪神・淡路大震災の教訓を生かそうと、震災時のアスベスト対策の経過の問題点を探りました。パンフでは、資料を基に倒壊建物解体時におけるアスベスト飛散の実態に迫り、震災時に環境省が行った濃度測定の結果の問題点を指摘しています。また、わが国の大気中アスベスト濃度の測定方法における問題点について提起しています。




メンタルヘルスと安全衛生



価格:300円
発刊:2001年5月
・メンタルヘルスと安全衛生

〜掲載情報〜

『発刊によせて』

1.今なぜ、メンタルヘルスなのか
 (1)メンタルヘルスとは
 (2)労災職業病の歴史
 (3)精神疾患の変遷


2.職場のメンタルヘルス
 (1)国の対応は正しいのか
 (2)企業当局サイドにとっての目的


3.「心の病気」について

4.労働組合として、個別事例にどう取り組むか?
 (1)健康破壊の原因は
 (2)労働組合が主体的に担おう
 (3)なんでも相談できる労働組合に

事業場における労働者の心の健康づくりのための指針(2008.8.9)

心の健康づくり指針/全国労働安全衛生センター連絡会の見解

 メンタルヘルスは現代病として、多くの働く人にとって課題となっています。罹病者だけでなく、周りの人たちにとっても悩みはつきません。パンフでは、メンタルヘルスの変遷、様々な心の病の解説、労働組合などの課題について、ろっこう医療生協の小西達也先生が詳しく提起しています。



アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報