ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 09/01/17


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2009-01-17 震災アスベストホットラインを開設
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病


 2008年3月、阪神大震災で倒壊した建物の解体作業に従事した労働者が、その際に吸引したアスベストが原因で中皮腫を発症し、労災認定されたことが明らかになりました。
 阪神大震災からの復旧にあたっては、ずさんな解体作業が行われたことは事実であり、直接解体作業等に携らなくとも、多くの住民・市民がアスベストに曝露していることは間違いありません。
 私たちが昨年3月に開設した「震災被災地アスベスト被害ホットライン」には、アスベストによる健康不安を抱える方から多く(約2週間で144件)の相談が寄せられました。 私たちは、阪神・淡路大震災から14回目を迎える「1.17」に合わせ「震災アスベストホットライン」を開設しました。

 今回のホットラインには、解体作業に従事した労働者、被災地で働かれた労働者、被災地に住んでおられた方、またボランティア等を通じて 被災地で過ごされた方から、健康被害・不安に関する相談が計11件寄せられました。 私たちは、今後も引き続き相談を受け付け、寄せられた声を基に行政に反映させたいと考えています。

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報