ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 09/11/01


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2009-11-01 「震災とアスベストを考えるシンポジウム」第1回実行委員会を開催
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 

  

 1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災から、まもなく15年を迎えます。震災で亡くなった方は6000人を超え、避難所・仮設住宅における「孤独死」を含めると大震災による被害者は更に多くなります。そして、08年2月、阪神・淡路大震災の復興作業に携り倒壊建物の解体作業に従事した労働者がアスベストによる中皮腫を発症し労災認定を受けたことが明らかとなりました。私たちが危惧していた震災の第3次被害、アスベストによる健康災害が始まっているのです。


 

地震大国・日本では、大都市部を襲い甚大な被害をもたらす新たな地震の発生が警戒されています。その時に発生する環境問題、とりわけアスベスト対策について、阪神・淡路大震災の教訓から問題意識を共通化し、早急に対策を講じることが求められています。つまり、アスベストを使用した建造物を把握し一日も早く除去する課題であり、震災緊急時のためにマスクを備蓄する課題です。このことを、震災15周年の神戸の地から発信するため、シンポジウムを開催しマスクプロジェクトを展開します。

 

11月1日、第1回実行委員会を開催し、開催要綱を決定しました。

 

◇震災とアスベストを考えるシンポジウム
 日 時:2010年1月16日(土)13時30分〜
 会 場:神戸市勤労会館 大ホール
 企 画:@基調講演
        マリ・クリスティーヌさん
        寺園 淳さん(独立行政法人・国立環境研究所)
      Aパネルディスカッション
        パネラー  中地重晴さん(環境監視研究所)
        名取雄司さん(中皮腫・じん肺・アスベストセンター)
        長松康子さん(聖路加看護大学国際看護学)
        小坂 浩さん(元兵庫県立公害研究所研究員)
      Bマスクプロジェクトの提案
      C共同宣言の提案

 

◇第2回実行委員会
  日 時:2009年12月13日(日)13時30分〜
  会 場:神戸市勤労会館

 ※関心のある方なら、どなたでも参加自由です。

  ※シンポジウムの運営をお手伝いしていただけるボランテイアを募集中。




 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報