ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 10/07/15


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2010-07-15 九州・アスベスト学習会と相談会
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 7月3日〜4日、福岡県・博多市において、九州における石綿被害者の救済に向けた、学習会と相談会が行われました。
 7月3日は、熊谷信二さん(産業医科大准教授)を講師に招き、「アスベストと健康被害」と題して学習会を行いました。大阪府立公衆衛生研究所の職員だった熊谷さんは、クボタショックの後、車谷典男教授とともにクボタ周辺での疫学調査に取り組まれました。講演では、アスベストによる深刻な環境汚染の実態が報告され、「工場内の最初の中皮腫発生は1985年。この時点で、何らかの対策が講じられていたら、近隣住民への被害はもっと防げたのではなかったのか。」とも話されました。
 7月4日は、電話による相談会を行い、合計で35件の相談が寄せられました。相談の多くは、健康不安に対するものでしたが、中皮腫や肺がんで治療中の方からの相談も寄せられ、まだまだ被災者が埋もれていることを痛感しました。

 




 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報