ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 10/12/15


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2010-12-15 アスベスト被害ホットライン 二日間で316件
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 11月24日、厚生労働省は、「平成21年度石綿による健康被害に関する給付の請求・決定状況」について発表を行い、事業所名についても公表を行いました。そこで、アスベストセンターと全国安全センター連絡会議は、全国3カ所(東は東京、中は名古屋、西は兵庫)で、25日と26日の二日間、全国一斉アスベスト被害ホットラインを開設しました。
 ひょうご労働安全センターは、西日本地域を担当しました。相談件数は一日目が76件、二日目39件で合計115件でした。 東京も二日間で148件、名古屋も二日間で53件、全国3カ所の相談受付件数の合計は316件でした。

  相談の内容は、「勤務していた事業所が新聞に載っていたので不安」「専門の医療機関を紹介して欲しい」「石綿を扱う仕事をしていたが、何か補償はないか」など、様々なものでした。受話器を通して、多くのアスベスト被害者が全国に居られ不安な日々を過ごされていることを実感しました。労働安全センターでは、引き続きアスベスト被害に関する相談活動を行っていますので、お気軽にご相談下さい。

 




 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報