ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 11/08/21


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2011-08-21 休業補償打ち切り3週間後に再発で認定
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 ブラジル人のAさん。 2007年6月、機械部品を溶接するためドラム缶を足場として用いて作業を始めたところ、 ドラム缶の中に溶接の火花が入り爆発し、Aさんは約2メートル吹き飛ばされ、 右膝・右手関節骨折、右膝靭帯断裂等々の大けがしました。 すぐに労災の手続きを行い、その後は労災補償を受けながら治療とリハビリを続けていました。
 しかし、2010年の年明け頃から、休業補償の打ち切りに関する打診が行われ始めました。 この頃のAさんは、右膝の痛みが続いており、和式のトイレは使用することができない状態でした。 さらに、右手首にも痛みがあり、湿布をして3種類のサポーターを使って対処している状態でした。 こうした状態でありながら、大津署は2010年7月末日を以て症状固定と判断したのでした。

 その後、障害補償給付の請求を行い、「右手関節」の可動域と疼痛、 「左下腿部」の疼痛に障害が認められるとして、障害等級併合第11級とされました。 障害等級に関してAさんから相談を受けたのですが、 右手関節と右膝関節の可動域に関して局医の意見に疑問があったため、主治医との面談を行いました。 すると主治医より、右手関節に関しては、これまで何ら処置を行っておらず、 手術をすることにより改善の見込みがあるとの見解が述べられたのでした。 そこで、主治医に協力を求め、さっそく「再発」の申請を行いました。

 その結果、先日Aさんの元に認定通知書が届きました。 通知書を見ると、2010年8月23日からという決定でした。 大津署が症状固定と判断した約3週間後から、同じ署が「再発」の決定を行ったのです。

外国人労働者にとっては、言葉や文化、法の違いにより、 医師や監督署の担当官との緻密なコミュニュケーションをとることは困難を伴います。 だからこそ労働行政はより慎重に対応する必要があると考えます。

 

 



 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報