ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 12/02/18


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2012-02-18 ゆったり働くための連続学習会を開催
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 2月18日、尼崎労働福祉会館において「ゆったり働くための連続学習会」を開催しました。 この学習会は3回シリーズで、全国労働者安全センター連絡会議と、 いじめメンタルヘルス労働者支援センターの主催で取り組んでいるものです。
 今回は、「いじめ・メンタルヘルス相談ワークショップ―ユニオンの経験から」をテーマに、 基調講演とパネルディスカッションが行われました。 基調講演は、「個人加盟労組の相談事例から」と題して行われ、講師の千葉茂氏(IMC)は 「企業のメンタルヘルス対策は、裁判を起こされた時に反論するための証拠づくりになっている」と指摘。 「労働組合が個人の問題ではなく職場の問題として取り組む事が大切である」と訴えられました。
 パネルディスカッションは、パネラーとして武庫川ユニオンの上山さん、 なにわユニオンの中村さん、ひょうごユニオンの塚原さんが登壇し、 ひょうご労働安全センターの西山さんのコーディネートにより進められました。参加者からの質問にパネラーが答える形式で行われ、 会場全体で一緒に考え合う学習会となりました。

 厚生労働省によると、職場いじめ・嫌がらせ・パワハラなどの相談件数は、 2010年度は39,400件にも上り、年々増加していると発表されています。 ハラスメント問題に特効薬はありませんが、労働組合としてどう向き合うのかを考え合うことができた学習会でした。



 

 



 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報