ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 12/03/22


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2012-03-22 石綿肺がん―「労災不支給処分を取り消す」神戸地裁判決
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 アスベストにより肺がんを発症したが、国が労災と認めなかったため、労災不支給処分の取り消しを求め争っていた訴訟で、 3月22日、神戸地裁(矢尾和子裁判長)は、「国の不支給処分を取り消す」との原告全面勝訴の判決を言い渡しました。
 原告は、港湾において積荷の数量や状態を確認し証明する業務(検数業務)に約20年間従事し、 2006年1月に肺がんで亡くなられたた英さん(神戸市)のご遺族。国側が労災と認めなかった理由は、 「肺内に蓄積された石綿小体が741本しかない」ということでした。
 判決では、「石綿曝露作業に10年以上従事しており、 肺組織内に石綿小体が認められるから、認定基準による要件を充足すると認められる」と判断、 「石綿小体数は業務起因性の判断基準ではなく、また仮に、石綿小体数を判断基準において考慮するとしても、 クリソタイル(白石綿)ばく露では妥当しないと解されている」との見解が示されました。
 同種の裁判で、本年2月23日に東京地裁は、「ばく露作業10年で肺がんの発症リスク2倍」と判断し、 労災の不支給処分を取り消す判決を出しました。
 本来、石綿ばく露作業10年未満の人を救済する目的で設けられた規定を、 10年以上の労働者にも国が求めるようになったため、石綿肺がんの認定基準のハードルが高く引き上げられてしまったのです。 現在、石綿肺がんの労災認定基準の見直しが進められていますが、国は東京地裁判決と神戸地裁判決を真摯に受け止め、 石綿肺がんの被災者をより救済する方向で改正すべきです。




 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報