ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 12/06/06


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2012-06-06 中皮腫で死亡―加古川労基署は業務外、環境再生保全機構は認定
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 Aさんは、約40年にわたり、スクラップ等の回収作業に従事しました。 鉄骨等のスクラップにはアスベストが付着していることがあり、Aさんは粉じんを吸い込む労働環境のもとで働き続けたのでした。
 2007年の秋に体調を崩したAさん。受診したところ悪性胸膜中皮腫と診断され、翌年2月に亡くなられました。 ご遺族は、加古川労働基準監督署に労災請求を行ったのですが、「中皮腫ではない」との理由で認定されませんでした。
 ところが、石綿健康被害救済法に基づき環境再生保全機構に請求を行ったところ再染色が行われ、 2011年6月に「悪性胸膜中皮腫」として認定されたのでした。 そこで、加古川労基署と兵庫労働局に再調査を求めたところ、 「本省扱い」とされ、その後何度問い合わせても「調査中」とのことです。
 異なる判断が出たまま1年を迎えようとしています。厚生労働省の迅速な対応が求められています。




 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報