ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 12/08/27


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2012-08-27 医療用手袋に付着したアスベストで看護師が胸膜中皮腫を発症
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 以前は、医療用のゴム手袋をガス滅菌したうえで再利用している病院が多くありました。 ガス滅菌を行うための作業工程において、「打ち粉」としてタルクが使用されており、そのタルクにはアスベストが混入していたのです。

 タルクとは滑石ともよばれる白い石です。産業用には原石を粉砕して非常に細かい粉にして使用することが多く、 ゴム製造、製紙、農薬・医療品製造、化粧品製造など多くの分野で利用されています。 また、ベビーパウダーや「おしろい」は、まさにタルクそのものです。白い色をしているので顔料などにも使用されます。

 山口県に住むAさんは、1980(昭和55)年から2009(平成21)年までの約16年間に、 4つの病院に勤務しました。その中の一つの産婦人科では、 手術用ゴム手袋をガス滅菌して再利用していました。新任の看護師であったAさんは、 様々な雑用も指示され、ゴム手袋の洗浄と滅菌作業もその一つでした。
 そのAさんが、2010年1月に悪性胸膜中皮腫を発症したのでした。 Aさんは看護師としての仕事以外には就いておらず、 居住歴を調査しても近隣にアスベスト製品を製造・加工する工場もなく、 当センターと一緒に調査を進めた結果、タルクに混入していたアスベストに曝露したことが判明し、 昨年(2011年)8月に山口労働基準監督署に労災申請を行っていました。

 この度、山口労働基準監督署は労働災害であるとの認定を行い、 Aさんのもとに認定通知が届きました。 日本において、手袋に付着したアスベストに曝露し、アスベスト疾患を発症し、 労災認定される医療者は初めてであり、同種の作業に従事された方への影響も懸念されます。

 日本の医療関係者の労災認定事例は、厚生労働省が公表した石綿労災認定事業所名においても、 既に10数例あります。歯科技工士・歯科医では、義歯作成時の石綿リボンやタルクの使用によるアスベスト曝露です。 石綿吹き付けのある部屋での作業とされている事例もあり、機械室等で勤務された職員と思われます。 今後、医療関係者もアスベストに曝露する可能性が有ったことを再認識し、是非注意してほしいと思います。


※ 1987(昭和62)年11月に、厚生省(現在の厚生労働省)から 「ベビーパウダーの品質確保について」という通達が出されました。 それによりタルクは、国より通達された試験法において、アスベストの混入がないことを確認することが義務付けられています。



 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報