ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 13/06/25


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2013-06-25 豊岡市職員の自殺は公務災害であると認定−神戸地裁
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 2003年3月、仕事が原因で過労自殺(当時39歳)したとして、被災者の遺族が公務災害の認定を求め地方公務員災害補償基金兵庫県支部に申請を行いました。7年余りにわたり、公務上の認定を求めてきましたが、最終的には2010年9月に本部審査会により再審査請求が棄却されました。

 そのため、過労自殺を公務外とした地方公務員災害補償基金を相手取り、2010年10月にその取り消しを求め神戸地裁に提訴しました。
 6月25日、神戸地裁の工藤涼二裁判長は、「公務外」とした処分を取り消す判決を言い渡しました。判決では、タイムカードやパソコンの起動時間などから、自殺する1〜2か月前の時間外労働時間がいずれも100時を超えていたと認定。担当した地域福祉計画の策定業務は、一人では達成困難なノルマだったと指摘し、さらに上司からの支援を受けられなかった状況などをあげ、うつ病と自殺そして業務との因果関係を認めました。

 被災者が亡くなられてから、公務災害の申請を行ってから、既に10年が経過しています。地方公務員災害補償基金は、これ以上遺族を悲しませることなく、判決を重く受け止め、一刻も早く公務災害と認めるべきです。





 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報