ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 13/06/27


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2013-06-27 石綿肺がん訴訟―大阪高裁に続き、国の控訴を棄却(東京高裁判決)
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 6月27日、発症した肺がんを労災と認めなかった国の処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が東京高裁で言い渡され、東京地裁に続き労災であると認定されました。同種の裁判では、今年2月に大阪高裁が国側敗訴の判断し示しており、訴訟においてはこの流れがほぼ確定したといえます。

 厚生労働省が定める石綿肺がんの労災認定基準は、従事期間が10年以上で、肺内に石綿小体(たくぱく質で包まれた石綿)の本数が1gあたり5000本以上必要とされています。2月の大阪高裁の案件は石綿小体が700本台、今回の東京高裁の案件は1000本台で、国は石綿小体の本数が少ないことを理由に、労災と認めなかったのでした。

 奥田隆文裁判長は、「時間の経過で肺内の石綿小体が消失することなどから合理性に問題がある」と指摘したうえで、「肺がん発症は業務に起因し、労災と認められる」と判断しました。同種の事案は、神戸・東京・大阪で4件が係争中ですが、大きな影響を与えることは間違いありません。

 アスベストによる中皮腫の死亡者数は毎年1000人を超え、増え続けています。石綿肺がんの患者は中皮腫の2倍ということが知られていますが、石綿肺がんの労災認定者数はここ数年400人前後で推移しています。石綿肺がんの患者が救済されない大きな原因に、現在の労災認定基準が影響しているといえます。国は、大阪高裁・東京高裁の判決を重く受け止め、認定基準の改正に着手すべきだと考えます。




 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報