ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 15/06/15


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2015-06-15 小野市非常勤職員がパワハラを訴え提訴
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 2011年7月1日から小野市で「いじめ等相談員」として勤務していた非常勤職員が、管理職によるパワーハラスメントを受けたうえ、任用期間終了を理由に2015年3月31日に雇止めされたとして、小野市を相手取り再任用と損害賠償を求めて神戸地裁へ提訴しました(2015年6月2日)。
 雇止めされたAさんは、住民からの相談をうける「いじめ等相談員」として2011年から働いてきました。Aさんは、県や他市での経験も含めるとキャリア20年のベテランであり、県の相談業務を担っていた時に、小野市の担当課長から請われ、働くことになりました。
 パワハラが始まったのは上司が2014年4月に着任して以降です。上司は相談員らに対して大声で怒鳴ったり、無視や業務に必要な連絡や説明をしないなどの嫌がらせを繰り返しました。
 Aさんは同僚とともに、所属の管理職に相談しても全く解決されず、人事当局に対してパワハラの改善を訴えました。しかし、人事当局は、Aさんらの話しは聞くものの、具体的な対応を取ることはありませんでした。小野市のパワハラについての見解は、「管理職の業務の範囲内」です。しかし、大声をあげることは管理職の業務ではなく、明らかに人権侵害行為であり許されるものではありません。
 小野市は全国に先駆けて2007年に「いじめ等防止条例」を策定しました。条例では、子どものいじめだけでなく、職場のパワハラについても対象としています。相談員を配置し、基幹業務として実施しており、その部署でパワハラが行われ、対策を講じられなかったことは大きな問題といえます。




 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報