ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 16/01/29


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2016-01-29 石綿健康被害 国と建材メーカーの責任を認める 京都地裁
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 建設アスベスト訴訟で、京都地裁は国と建材メーカーに対して賠償を命じる判決を言い渡しました。京都地裁の比嘉一美裁判長は、国に対しては遅くとも1971年には石綿吹付け作業で石綿関連疾患を発症する危険性を認識できた認定しました。
 メーカー側の責任についても、「シェアの約10%以上の建材は、原告が吸引したと考えられる」と判決を下したのです。賠償を命じた建材メーカーは、日東紡・新日鉄住金化学・太平洋セメント・ニチアス・三菱マテリアル建材、エーアンドエーマテリアル・大建工業・ケイミュー・ノザワの9社。

 国はもちろん、警告義務のあったメーカーに責任があったのは明らかだったにもかかわらず、この「当然のこと」がようやく認められたのです。メーカー4社は判決の即日、その後残る5社も全て控訴しました。石綿健康被害者の救済のために更に応援を続けていきます。



 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報