ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 16/03/04


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2016-03-04 宝塚市職員 震災復興派遣で自死 公務災害認定
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 東日本大震災で宝塚市から岩手県大槌町に派遣され、2013年に自殺した宝塚の男性職員(45歳)が、公務災害として認定されました。男性の遺族が14年11月、地公公務員災害補償基金岩手県支部に申請し、15年10月21日付けで認定されました。
 宝塚市によると、12年10月から13年3月末までの予定で大槌町に派遣され、土地区画整理事業などの担当をされていましたが、13年1月3日、居住していた岩田県宮古市の仮設住宅で自死している状態で発見されました。宝塚市の人事課は、「二度とこういうことが起こらないよう、思いを強くしている」とコメントしています。

 また、東日本大震災で被災した岩手・宮城・福島3県の39市町村で、うつ病などの精神疾患を理由に休職した職員は2015年度に151人と、震災が起きた10年度の1.6倍に増加したと報道されています。

 本格化する復興事業の負担増や原発事故対応のストレスが背景にあるとみられ、慢性的な人手不足も追い打ちをかけていると思われます。被災者支援を担う職員の心のケアが求められます。



 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報