ひょうご労働安全衛生センター
ひょうご労働安全衛生センター 兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全 石綿・アスベストなどに関する労災・職業病のご相談はこちら

兵庫県下の労働者の権利と安全・職場環境の保全top pageセンター概要topics機関紙活動案内入会案内お問合せリンク
ホーム > トピックス > 17/10/02


センター概要

ひょうご労働安全衛生センターからのトピックス
 ひょうご労働安全衛生センタートピックス 2017-10-02 中皮腫サポートキャラバン隊in神戸
アスベスト・メンタルヘルス・長時間労働・労災・職業病

 


 10月1日、中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会ひょうご支部は、兵庫勤労市民センターにおいて、栗田英司さんを招き「腹膜中皮腫患者17年闘病記」と題した講演会を開催しました。
 栗田さんが腹膜中皮腫と診断されたのは1999年12月、33歳の時でした。その後、4回の手術を経験され、発症から17年が経過しました。前向きにご自身の命と向き合ってこられたお話しには、参加された方々から「感銘を受けた」「頭がさがる思いです」との感想が寄せられました。
 講演では、ご自身が死ぬまでにやりたいこと書き出したリスト、いわゆる「バケットリスト」を作成され、次々とやりたいことに挑戦し、行動されたお話しを聞きしました。

 講演を通じて、中皮腫患者であることを受け止め(受け入れ)、病気と真摯に向き合い、「今」という瞬間を生きていく姿勢に、「もっと生きていることを大切にしたい」、「時間ではなく、どう生きるかだ」という思いを強く考えさせられました。
 栗田さんは、「中皮腫に関する情報を、全国の長期生存者のヒアリング調査に基づき記録・集約・伝承し、迷い悩める全国の患者に対する情報の交通整理をしていきたい」との思いを訴えられていました。


 下記URLより、当日の講演内容を下記から観ることができます。

 栗田英司氏講演
 https://youtu.be/nGP286gvVOs

 右田孝雄さんのスピーチ
 https://youtu.be/bUMC0v5VGyQ



 

アスベスト・長時間労働・石綿・メンタルヘルス
トピックス一覧へ





アスベスト・長時間労働・職業病などのご相談はひょうご労働安全衛生センターまで










ひょうご労働安全衛生センター

センター概要

活動報告

機関紙

活動報告

入会案内

お問合せ

リンク

サイトマップ





NPO法人 ひょうご労働安全センターの情報このページのトップへ

サイトの著作権はすべてひょうご労働安全センターにあります。無断転用等は固くお断り致します
NPO法人 兵庫労働安全センターの情報